ふるさと納税

【ふるさと納税とは?】忙しい人向け!1分で分かる税金で特産品を得る方法

 

北国宗太郎
ふるさと納税」って聞いたことあるけど、本当にお得なの?

 

答えは「Yes」です。

なんと「ふるさと納税」をすれば、特産品を貰えるんです。

 

今回は「ふるさと納税」を5分で紹介するよ!
牛さん

 

あなたも納税をして特産品を獲得しましょう!

5分でわかる「ふるさと納税」とは?

 

「ふるさと納税」とは、地方自治体への寄付(納税)制度のこと。好きな地域に寄付が出来るうえ、寄付金に応じて税金が還付されます!

ふるさと納税のポイント

  • 返礼品(お礼)が貰える
  • 自己負担2,000円を除いて税金が還付される
  • 自分で納付先(地域)・税金の使われ方を選べる
  • 複数の地域でもOK

このように「ふるさと納税」をすると、自己負担分2,000円を支払えば、返礼品をもらいつつ所得税・住民税が還付されます!

 

例えば・・

1万円のふるさと納税で3,000円分のお米を貰いました。

すると、自己負担分は2,000円で8,000円の税金が還付されます。

3,000円分のお米を、2,000円で買えたことになって1,000円もお得なります!

 

税金を自分の好きな地域に支払うことが出来るうえ、返礼品を探しながら選べるので「ふるさと納税」は人気の制度となっています。

日本では約300万人が「ふるさと納税」を利用していますよ!

 

知っておきたい「ワンストップ特例制度」とは?

 

北国宗太郎
お得と言っても確定申告が面倒くさそう。
お勤めで忙しいサラリーマンにもおすすめの特例があるよ
牛さん

 

ワンストップ特例制度

  • ふだん確定申告をしない人向けの制度
  • 寄付をする自治体に申請書類を送る
  • 身分証明書などを一緒に送付
  • あとは自動で処理してくれる!

 

この制度を使うための条件

この制度は次の条件を満たしている必要があります。

  • 普段の生活で確定申告をしない人
  • 寄付する自治体は5つ以下の人

 

ちなみに申請書類はこんな感じです。

 

難しいことが書いてあるようですが、名前・生年月日・住所・いくら寄付したか等を書けばOK!

 

ふるさと納税を利用する上での注意点

 

特に注意が必要!

一番気を付けたいのが年収によって上限がある点です。

 

寄付自体は好きなだけ行えますが、税金の還付を受けられる金額が年収によって変わります。

 

例えば!

年収350万円の場合 ⇒ 約6万円

つまり、6万円以上をふるさと納税すると税金の還付が受けられません

この場合、ふるさと納税は6万円以下で行うのがお得になります。

 

北国宗太郎
ふるさと納税のサイトではシミュレーションがあるので使ってみよう!
僕の年収は2500万円だから上限は・・
牛さん
北国宗太郎
!!!

 

ふるさと納税のまとめ!

 

ふるさと納税のまとめ!

  • 自己負担分2,000円で好きな地域に納税が出来る!
  • お礼の品を探しながら納税場所を探すのが主流!
  • お勤めの人は「ワンストップ特例制度」が便利!
  • 所得によって税金還付の上限があるので注意!

 

ふるさと納税を利用してお得に納税していきましょう!

関連コンテンツ

-ふるさと納税

© 2020 どさんこ北国の経済教室