ビジネス・経済 書籍

【日経テレコンを無料で読む方法】電子版月額4,200円を0円にする裏技を紹介!

日本経済新聞社が提供するデータベース「日経テレコン」を無料で利用することが出来る方法があるのを知っていますか?

就活生や新社会人など、お金に余裕はない人におすすめなお話を紹介!

日経テレコンを無料で使うためには?

 

日経テレコンを使うためには、楽天証券に口座を開設すればいいだけです。

 

北国宗太郎
へーって言いたいけど、日経テレコンって日経新聞とは違うの?
うん。詳しくは下の通りだよ。
牛さん

 

日経テレコンって?

日経新聞社が提供するビジネスデータベース。

過去30年分の新聞・雑誌記事を中心に、国内外の企業データベース、人物プロフィルなど、幅広いビジネス情報を収録

提供しているサービスはこちら!

  • 日本経済新聞(朝刊夕刊)・日経産業新聞・日経MJなどの閲覧(3日分)
  • 過去1年分の新聞記事検索
  • 日経速報ニュースの閲覧

紙の新聞ではなく、スマホやパソコンで見れるサービスです。

 

ちなみに、日経新聞はこんな感じです。

日本経済新聞とは?

日本の代表的な経済紙。経済・産業関係の記事が多く、大学生や経済学に関心のある社会人向けの連載記事として『経済教室』のページもある。

(Wikipediaより)

通常の新聞などと違って、投資をしている人やビジネスマンが好んで読む新聞です。

 

北国宗太郎
日経テレコンを使うと、日経新聞の情報も検索できるんだね!
うん。だから楽天証券に口座を開設するのがお得だよ。
牛さん

 

疑い深い人

どうせ、株とかを買わないと使えないんでしょ?

 

こんな感じで「口座を開設したら株とかを買わないと使えないのでは?」と思う人も多いかと思います。

しかし、そんなことはありません。

私も楽天証券の口座の残高が0円ですが、日経テレコンを使えます

 

また、銀行口座と同じで、一度口座を開設しておけば、維持のために手間がかかる事もありません

 

日経テレコンを読む以外にも証券口座は持っておいた方が良い

 

日経テレコンを利用したいと考えている人は、経済やビジネスの動向に興味がある人が多いはずです。

新聞を読むお金に困らなくなると、投資などに挑戦しようと考える人も結構出てくるでしょう

忙しいと、投資に挑戦しようと思っても口座開設をするのが面倒で辞めてしまう人も多いです。なので若いうちに証券口座の1つくらいは解説することをお勧めします。

 

北国宗太郎
ちなみに、僕が証券口座を初めて開設したのは大学4年の時だよ!

 

最初の1歩に不安はつきもの!

初めて証券口座を開設する時って妙な緊張感があります。当時たしか22歳だった私も少しの緊張感をもって開設しました。

ただ、緊張感もそうですが、大人の階段をちょっとだけ上ったような感じもしました。

せっかくの機会や興味があるうちに、一歩一歩行動することが大切です。

 

また、2万円ちょっとあれば、日経平均を買うことも出来ます。

日経平均は有名な企業の株価の総合指標みたいな感じなので、持っていると自然と経済関連のニュースに目が行きます。値動きは基本的には2万円前後で動くので大した損も得もしません。

 

私のおススメ!

勉強のために日経平均を持って、ニュースを読んでいくというのが、意外と良かったりもします

自分のお金を少しでもかけている時の方が情報への感度が遥かに高まります。

 

日経テレコンを読む以外にも、大人の1歩として口座を開設するのはいい経験になると思います。

とは言え!

いきなり、口座を開設するのはどうなんだろう?って人は資料の請求なども出来るのでそちらも確認してみてね!

関連コンテンツ

-ビジネス・経済, 書籍

Copyright© どさんこ北国の経済教室 , 2020 All Rights Reserved.