経済学


経済学

参入規制・規制緩和の例と余剰分析

政府が参入規制を実施したときの例と余剰分析(余剰・死荷重)を見ていきます。 参入規制と規制緩和 現実の例 参入規制の余剰 ...

経済学

数量規制の実例と総余剰・死荷重の分析

政府が数量規制を実施したときの例と余剰分析(余剰・死荷重)を見ていきます。 数量規制を行う理由 総余剰・死荷重の求め方 ...

経済学

政府が価格規制を実施する事例と総余剰・死荷重の求め方

政府が価格規制を実施したときの例と余剰分析(余剰・死荷重)を見ていきます。 価格規制のメリット・デメリット 上限価格規制 ...

経済学

【余剰分析】総余剰の最大化と死荷重の意味・求め方

余剰分析で必要となる「総余剰」「死荷重」「政府介入」などの情報をまとめています。 総余剰(社会的余剰)とは 総余剰(社会 ...

経済学

【生産者余剰】グラフ・利潤との違い・計算方法など

生産者余剰に関する基本情報をまとめています。 生産者余剰 利潤との違い 生産者余剰のグラフ 生産者余剰の計算方法 生産者 ...

経済学

【消費者余剰】グラフ・問題点・計算方法など

消費者余剰に関する基本情報をまとめています。 消費者余剰 消費者余剰のグラフ 消費者余剰の問題点 消費者余剰の計算方法( ...

経済学

【市場の調整過程と安定】ワルラス・マーシャル・くもの巣

需要と供給が均衡するまでの過程を「調整過程」と言います。 ワルラス的調整過程(安定・不安定) マーシャル的調整過程(安定 ...

経済学

【生産者理論】ミクロ経済学の企業活動の分析

2020/5/13    

ミクロ経済学で売り手(企業など)の経済活動を分析する分野を「生産者理論」と呼びます。   ポイント 生産者理論 ...

経済学

企業理論のシェファードの補題を簡単に証明する

生産者理論で登場する「シェファードの補題(シェパードの補題)」 消費者の理論でも応用されるため教科書で頻出しますが、それ ...

経済学

【ホテリングの補題】利潤関数を微分して簡単な証明をする

2020/5/10    

中級以上のミクロ経済学で登場する「ホテリングの補題」 証明は教科書にも載っていますが、それでは理解できない人向けに詳しい ...

経済学

【要素需要関数】意味・計算方法や求め方

「要素需要関数」は、企業の利潤最大化が実現するとき、生産要素はどれくらい必要か(需要量)を表しています。 要素需要関数と ...

経済学

【供給の価格弾力性】計算方法や問題の解き方を分かりやすく

「供給の価格弾力性」は、問題でも頻出の分野です。 供給の価格弾力性とは? 弾力的・非弾力的な状態 1のとき 水平・垂直の ...

経済学

【定額税・従量税・従価税】供給曲線のシフトと計算方法

ミクロ経済学で頻出する3つの税金「定額税・従量税・従価税」 定額税・従量税・従価税とは 各税と供給曲線のシフト 計算問題 ...

Copyright© どさんこ北国の経済教室 , 2020 All Rights Reserved.