経済学

独占市場の利潤最大化「限界費用=限界収入」と価格の決まり方

独占市場の利潤最大化の条件に「MC=MR」というのがあります。

  • 独占市場での利潤最大化
  • どうして限界費用=限界収入となる?
  • 価格の決まり方は?

少しばかり迷ってしまう話を、簡単に分かりやすくまとめています。

独占市場の利潤最大化

 

独占市場の利潤最大化

独占企業が自身の利益を最大化するために、どのような行動をとるのか?を考えたもの。

 

北国宗太郎
独占市場って意外と分かりづらいよね
うん。まずは、必ず知っておく前提があるから紹介するね
牛さん

 

必ず知っておくこと

  • [競争市場]企業はプライステイカー(価格受容者)
  • [独占市場]企業はプライスメーカー(価格決定者)

 

競争市場の場合

価格が決まってから需要が決まります。価格⇒需要の関係は、市場によって決まるため、企業はどの価格で売るかを考えることになります (プライステイカー・価格受容者)。

 

独占市場の場合

独占市場だと話が変わります。どれくらい生産するかは企業が決めて、その後に価格が決まります (需要⇒価格の関係)。独占企業は需要(生産量)を調節することが出来るため、間接的に価格の決定権がある。 (プライスメーカー・価格決定者)。

 

ここも押さえる

  • 独占市場では、生産を増やすと価格が下落する

ポイント

独占市場には、この特徴があるため「限界収入(MR)」が需要曲線よりも右下がりの曲線になります。

 

 

この話を知らない人は確認!

限界収入とは?競争市場と独占市場での違い・求め方を分かりやすく解説!

 

北国宗太郎
必要な知識はコレくらいかな?
うん。早速、利潤最大化の話をしていこう!
牛さん

 

利潤最大化

  • 企業が1番利益が出る状態のこと。

 

どの市場でも「限界費用(MC)=限界収入(MR)」が利潤最大化となる

 

北国宗太郎
牛さん、競争市場は「限界費用(MC)=価格(P)」じゃない?
うん正しいよ。限界収入の特徴を思い出してみよう。
牛さん

 

そもそも

完全競争市場(モデル)では「価格(P)=限界収入(MR)

 

ポイント

価格が100円のものを売ったら、100円の収入になります。もう1個売っても、もう100円の収入になります。

なので、競争市場では、販売価格(P)=限界収入(MR)となります。

 

なので、完全競争市場の利潤最大化が「限界費用(MC)=価格(P)」となっていますが、本来であれば「限界費用(MC)=価格(P)=限界収入(MR)」という風になっているのです。

 

北国宗太郎
なるほど、じゃあ独占市場では価格(P)=限界収入(MR)にならないんだね。
うん。そこを抑えることが重要だよ。
牛さん

 

独占市場では「価格(P) >限界収入(MR)」となります

改めてここが分からない人は確認!

限界収入とは?競争市場と独占市場での違い・求め方を分かりやすく解説!

 

限界費用も知っておこう

限界費用とは?利益・平均費用との関係も分かりやすく簡単に解説

 

「限界費用(MC)=限界収入(MR)」で最大化する理由

 

なぜ、この交点で利潤が最大化するのか

 

まずは簡単に数学的に説明します。

利潤が最大化するのは「純利益=総収入(TR)ー総費用(TC)」が一番大きくなる時です。

 

次にそれぞれを生産量で微分すると

  • 純利益(利潤)’=1個当たりの利益
  • 総収入(TR)’= 限界収入(MR)
  • 総費用(MC)’=限界費用(MC)

1個当たりの利益=限界収入(MR)ー限界費用(MC)

※この数式は微分をした後なので、1個当たりの利益を計算していることになる。

 

1個当たりの利益が0円になるまで作り続ければ、利益が最大化する

1個あたり1円でも利益が出るなら、作り続けることで利益が拡大する。なので、もう利益が出ない0円まで作り続けることで利潤が最大化する

 

つまり

  • 1個当たりの利益(0円)=限界収入(MR)ー限界費用(MC)

これを計算すれば、利潤が最大化するときの条件が分かる

限界費用(MC)=限界収入(MR)

 

北国宗太郎
(白目)
今度は、分かりやすい例を使って説明するよ!
牛さん

 

その前に

利潤が最大化する「限界費用(MC)=限界収入(MR)」を理解するために

  • 限界費用(MC)
  • 限界収入(MR)

の2つを理解する必要があるので簡単に書いておきます。

 

限界費用(MC)と限界収入(MR)

限界費用(MC)は、商品を1つ生産するときに発生する、生産コスト(費用)の増加分

限界収入(MR)は、商品を1つ売ったときに発生する、収入の増加分

経済学で登場する「限界」は、「1つ(1単位)変化すると、どうなるか?」という意味合いがある。

 

例えば

 

  • 1台100万円で車を売る
  • 製造費用は90万円

この時、1台売るごとに100万円ずつ収入が増えていきます。
なので限界収入(MR)=100万円

また、製造費用は90万円なので、1台作るごとに90万円ずつ費用がかかります。
なので限界費用(MC)=90万円

 

ここで

自動車をたくさん作ると、置き場所に困るという問題が発生しました。そこで、車を保管する倉庫を借ります

 

ココがポイント

どの業種でも、製造しすぎると余計にコストが発生する

 

そのため、1台あたり90万円で製造していた車は、次第に1台当たり95万円くらいになります

 

これを繰り返した結果

1台あたりの製造費用が100万円になりました。

すると、100万円で販売している自動車を、100万円かけて作っていることになります。

 

ポイント

この時「限界費用(MC)=限界収入(MR)」となっています。

※つまり、これ以上車を作っても、利益が出せない状態です。

 

北国宗太郎
限界費用(MC)と限界収入(MR)の意味を理解すれば、何となく分かった気がする。
ここまでくれば、後は簡単だよ。
牛さん

 

独占市場の価格の決まり方

 

限界費用(MC)=限界収入(MR)」で利潤が最大化することが分かれば、どの価格でどれくらい生産するかという話になります。

 

まずは

上のグラフで分かる通り、「限界費用(MC)=限界収入(MR)」となる場所(交点)を見つけます。

 

次に

独占企業は「プライスメイカー(価格決定者)」なので「生産量⇒価格」となるようにグラフを見ていきます。

 

ポイント

「限界費用(MC)=限界収入(MR)」に合わせて、生産量を決めます (①)

そのまま、需要曲線(D)が伸びているところまで線を伸ばし、ぶつかるところで価格が決まります (②)

 

気を付ける

限界費用(MC)=限界収入(MR)で利潤が最大化しますが、価格は限界費用(MC)と限界収入(MR)の交点ではありません

限界収入(MR)などの話は、あくまで企業側の話です。需要があるところで価格を決めましょう。あくまで、独占市場では「価格(P) >限界収入(MR)」です。この話が分からない人はこちらで確認⇒ 限界収入とは?

 

北国宗太郎
これで独占市場の利潤最大化は大丈夫かな?
基本的なイメージがつかめれば、後は練習問題とかを解くのが良いよ!
牛さん

 

競争市場と独占市場をしっかりと分けて考えないと、利潤最大化は意味が分からなくなります。

しっかりと違いを理解しましょう~!

-経済学
-

Copyright© どさんこ北国の経済教室 , 2019 All Rights Reserved.