経済学

効用とは何か?経済学的な意味と関連する話を紹介!

効用(Utilitiy)」は、経済学で登場する考え方で、満足感や幸福度を表す単語です。

特に近代の経済学は「効用」という考え方をベースに話が進みます。

  • 効用とは?
  • 人は効用を最大化して行動する
  • 経済学の効用・選好の定義
  • 効用にまつわる経済学の話

効用を理解して、経済学の考え方を知ろう!

効用とは?

 

効用とは?

経済学で使われる用語で「財・サービスを消費した時に得られる満足度」のこと。

あくまで主観的な評価で、同じものを消費しても人それぞれ得られる効用は違う。

 

北国宗太郎
経済学ではどうして効用(満足度)が重要になるの?
まず、効用という考え方自体が画期的だったんだよ。
牛さん

 

経済学の中で「効用(満足度)」という考え方が広まったのは1870年代です。それまでは、労働価値説という考え方が主流でした。

 

労働価値説

  • モノの価値は、投入された労働量で決まる

時給1,000円の人が1時間かけて作った料理は、1,000円の価値がある。

※厳密な話をすると論点がたくさんあるので簡単に。

 

労働価値説は、経済学の主流だった「古典派経済学」の価値観です。

 

労働価値説の始祖「ウィリアム・ペティ」

(Wikipediaより・1623~1687年)

1662年に出版された『租税貢納論』に労働価値説に近い指摘がある。

労働価値説の確立「アダム・スミス」

(Wikipediaより・1723~1790年)

1776年の『国富論』で労働価値説について言及している。

 

北国宗太郎
1600年代・1700年代ってかなり古いね。
うん。そんな時代が終わって1870年代に変革が起きたんだ。
牛さん

 

効用価値説

  • モノの価値は、満足度で決まる時代へ

料理の価値は、食べた人の満足度で決まる。

 

効用価値説は、経済学の主流だった「古典派経済学」の価値観です。

 

ウィリアム・S・ジェヴォンズ

(Wikipediaより・1835~1882年)

『経済学理論(1871年)』で限界効用という概念を初めて説明した。

カール・メンガー

(Wikipediaより・1840~1921年)

『国民経済学原理(1871年)』で限界効用に関する経済学をまとめた。

 

北国宗太郎
変革って同じ時期に起きるから面白いよね。
そうだね。そしてもう1人が超有名です。
牛さん

 

レオン・ワルラス

(Wikipediaより・1834~1910年)

すべての経済学者の中で最も偉大と言われる人物。上の2人と同じく効用という考え方で経済学を変革した人物の1人。1874年に出版された『純粋経済学要論』で一般均衡理論がまとめられている。

 

経済学を変革した「一般均衡理論」で”効用”という考え方を用いた

消費者は自分の「効用 (満足度)」を最大化するために、生産者は「利益(=効用)」を最大化するために、すべての財・サービスの需要と供給が決まる。

その結果、すべての財・サービスの(均衡)価格が決まると主張したのがワルラスです。

 

さらに詳しく

ガソリンの価格が上がったら車で移動することが減ります。その結果、家族旅行が減ります。旅行に行かない分、家で映画を見るなど動画需要が増えます。こんな風に、すべての市場は関連していますが、そんな中でも全ての市場が均衡するポイント(均衡価格)がある、というのがワルラスの一般均衡理論です。

 

北国宗太郎
今の経済学に近い考え方だね。
うん。1870年代を境に「効用」が経済学の主流な考え方になったんだ。
牛さん

経済学では1870年代の一連の変革を「限界革命」と呼ばれます。※財を1単位消費した時に得られる効用(満足度)を「限界効用」と言うため、その”限界”から来ている。

 

こうして「効用」は今現在でも経済学の主流の考え方となっています。

 

人は効用の最大化を目指す

 

ポイント

ワルラスの一般均衡理論でも触れましたが、現在の経済学では「人は効用を最大化するように行動する」と考えています。

 

北国宗太郎
自分の満足度が高くなるように行動するのは普通だよね。
うん。1870年代以降の経済学で基本となっている考え方だよ。
牛さん

 

例えば

経済学では需要と供給の関係を分析することがあります。

その分析も「消費者が自分の満足度(効用)を最大化することを目指す」という前提があってこそ機能します。

昼飯に牛丼を食べると満足度が高まる人が、なぜか不味いラーメン屋へ行くことはありません。そんな人が居ると、需要と供給の関係性がおかしくなります。

 

効用と選好の関係

 

合理的な選好

  1. 完備性(Completeness)を満たす
  2. 推移性(Transitivity)を満たす

※「選好」はどちらを好んで選ぶか?という意味合いがある。

 

人は「効用が高まる方を好んで選ぶ」と経済学では考えている。

その時のルールが2つあります。

 

完備性

  • AとBがあれば、必ずA≧B・B≧Aとなる。

 

推移性

  • A>B, C>Aなら C>Bが成り立つ

 

例えば

ラーメン>蕎麦 >パスタ という選考を持つ人は、ラーメンを食べると1番効用が高まります。なので、特別な事情が無ければ3つの選択肢が出されたらラーメンを選びます。

ちなみに

ミクロ経済学で登場する「効用関数」は完備性・推移性の2つを満たすことを前提にしています。

 

効用にまつわる経済学の話

 

  • 期待効用理論
期待効用理論とは?プロスペクト理論との違いを分かりやすく解説!

行動経済学のプロスペクト理論は、どうして「期待効用理論」と比較されるの? 「そもそも期待効用理論って何?」という人にも分 ...

続きを見る

得られる効用を期待値のように計算する「期待効用」を使った考え方。

 

  • マキシミン原理
【正義とは何か?】ロールズの『正義論』を分かりやすく解説!

「人が守るべき正義とは何か?」 1971年に出版された『正義論』が、どうしてここまで話題になったのか? 「ロールズの正義 ...

続きを見る

最も不遇な人の効用を可能な限り高めるべきである、という考え方。ロールズは、このマキシミン原理を満たすことで「公正な正義」が実現すると考えた。

 

  • 功利主義への批判
【ケイパビリティ・アプローチを簡単に】センが注目した潜在能力を分かりやすく

社会はどう評価されるべきなのか? 貧困問題を考える時に、何が必要なのか? 経済学者 アマルティア・センの「ケイパビリティ ...

続きを見る

アマルティア・センは、社会全体の満足度(効用)を高めることを重視した功利主義の問題点を指摘して、あるべき社会の姿を提示した。

 

  • 行動経済学
はじめての行動経済学!経済学との違い・おすすめの本も紹介!

21世紀のいまだからこそ、知っておくべき学問があります。 それが「行動経済学」です。 ビジネスや日常生活でも使える行動経 ...

続きを見る

人が必ずしも合理的な行動をしないことを重点にした経済学の分野。「効用を最大化する」という前提では計れない人の行動を扱っている。

-経済学
-, ,

Copyright© どさんこ北国の経済教室 , 2019 All Rights Reserved.